猿でもできるスノボー

パッド

スノボーは上級者でもよく転倒します。どんなに上手になっても、その1ランク上のライディングやトリックをマスターしたいですからね。そのため、自分の限界ギリギリ、または越えるほどの力を出して挑戦します。当然、失敗したときの転倒は派手です。下手したら入院しなくてはいけないような大きなことになりかねません。幸い初心者はそこまで大きな事になりませんが、転倒したら痛みが襲ってきます。その痛みを和らげるために使用するのが「パッド」です。

スノボー用パッドの効果

スノボーをはじめてイヤになる原因のトップが「転倒による痛み」からです。とくにおしりが痛くて転倒することが大変な恐怖になっている方も中にはいらっしゃいます。雪質のよいゲレンデですと、新雪がクッションとなりそれほど痛みを感じませんが、最近は暖冬であることも手伝い、ゲレンデの滑走面は大変堅くなっています。このようなゲレンデコンディションでスノボーを練習するのは大変だと思います。そこで、少しでも転倒したときに痛みを緩和することのできるパッドがスノボー初心者だけではなく、全てのスノーボーダーには必要となります。

スノボー用パッドのメリット

スノボー用パッドは耐衝撃用品だけではありません。バインディングの取付取り外し時に、雪面に座って行いますよね。そのとき、おしりは雪面と接触しているため、この作業を繰り返していると、ウェアのおしり部分が徐々に濡れてきてします。そのとき、おしりにスノボー用パッドをつけていますと、パッドがクッションになり冷たさを感じさせません。これは意外と嬉しいことであり私がおしりパッドを重宝する理由のひとつです。

スノボーパッドの種類

スノボーパッドにはいくつかの種類がありますので簡単ですが、それぞれについて紹介しましょう!

スノボー用おしりパッド

スノボー初心者が転倒したとき、一番多くぶつけるところがおしりです。痛くないように上手に転倒すると良いのですが、初心者の内にそれができるわけがありません。そこで利用したいのが「おしりパッド」です。おしりパッドとは半ズボンタイプのスパッツのおしり部分に衝撃吸収する素材を設けたスノボー用品です。この襲撃吸収材が転んだときの外部からの衝撃を和らげる役目をしています。「そんなものがおしりにあって動きづらくないの?」という疑問があるかもしれませんが、その点は大丈夫です。滑りの邪魔にならぬよう、薄い素材が使用されているので邪魔になることは決してありません。また、薄くてもそれなりに衝撃を緩和してくれます。もちろん、完全に痛みが無くなるわけではありませんので勘違いなさらぬようにしくださいね。

スノボー用肘パッド

スノボーでは転倒したときに肘をぶつけることがあります。私自身はあまりないのですが、転倒で肘を護りたい、という方は肘パッドが有効です。

スノボー用膝パッド

おしりパッドと同じくらいよく利用されているパッドが膝パッドです。転倒ばかりで膝小僧にあざをいくつも作っているような方は、ぜひ膝パッドを身に付けてみくださいね。

スノボー用ヘッドパッド

転倒で怖いのは頭(後頭部)を強くぶつけることです。エアートリックを格好良く決める方の多くはヘルメットを着用されている方も多いのですが、スノボー初心者では、ヘルメットを着用することを恥ずかしがる方も少なくありません。転倒時に頭をぶつけ万に一つでも大変なことになるのを防ぐために頭の後頭部をカバーするヘッドパッドがオススメです。これはニットキャップの下でも装着可能です。といいましても、不自然に出っ張りますので周囲にはバレバレかもしれません。

スノボー用背中パッド

まるで亀の甲羅を背負うような感じのパッドがあります。これは転倒時、背中をガードし、脊髄を守る役割をします。スノボー初心者にはあまり必要ないかもしれませんが、ハーフパイプ、キッカーからのエアー、クォーターパイプなど、空中に長時間放置されるようなエアーを決める上級者には重宝します。失敗した場合、背中から落ちることがよくありますからね。とくにパイプ系は滑走面がガチガチに固められていますので、転倒したときのケガの確率が大変高くなりますので、パッドは必要不可欠となります。

スノボー用おしり〜膝パッド

スパッツにおしりと膝部分にパッドを取り付けたタイプです。転倒時にもっともぶつける回数の多い部分をカバーしていますので、スノボー初心者にオススメです。知人はこのタイプを利用しています。

BOOKMARK