猿でもできるスノボー

スノボーブランド

お気に入りのスノボーブランドで、アイテムを揃えることは嬉しいことですが、予算の都合上、どこかで妥協したりしますよね。ブランド品は魅力的ですが、なかなか手が出せないという現実があります。スノボーを初めて行う方でもバートン(BURTON)というブランド名は聞いたことがあると思います。はじめたての方にとってはスノボーブランドにはどのようなものがあり、人気があるのかについてわからいことでしょう。そこでこちらでは「スノボーブランド」の種類を紹介していきたいと思います。

スノボーブランドの魅力

同じようなスノボー板やバインディングなのに、ブランド品の価格が大きいことに疑問を感じたことがあると思います。ブランド品とノーブランド品とを比べてみると、確かにブランド品の方がデザインや品質が上であることがわかると思います。しかし、それだけでこの価格差を生み出しているといわれてもぴんと来ないでしょう。ブランド品の魅力といえば「信頼性」ではないでしょうか。私自身、スノボー用品はすべてブランド品(中古含む)で揃えています。デザインが良いというのもありますが、やはり、確かな品質と安全性が確保されている商品であるということが大きな魅力となっています。

スノボーブランドでこだわりたいアイテム

何から何までスノボーブランドにこだわりますと、お金はあっと言う間に無くなってしまいます。そこで、私の経験上、「このスノボー用品はブランドにこだわりたい!」というアイテムについて紹介しましょう。

スノボー板

スノボー板はただの一枚板ではありません。それぞれの役割をもった構造板を重ねることで、ポテンシャルを雪面にしっかりと伝え反映させることができます。とくにブランド品では、フレックス(堅さ)や反発力がしっかりしていますので、上級者になるほど、ありがたみが伝わってきます。もちろん扱いやすさも良いので、早く上達したいスノボー初心者にも適しています。


スノボーバインディング

スノボーバインディングをノーブランド品で揃えようとする人が結構いますが、実はかなり重要なスノボー用品なのです。私の周囲でも予算不足からバインディングをノーブランド品の安価なものを購入したのですが、2回ほどで故障してしまいました。症状は、ちょっと力を加えると、角度が変わってしまうのです。締め付けが甘いとかではなく、単にかみ合わせが甘いということでした。いまでもそのバインディングを使用していますが、最近では普通に滑っているだけで角度がずれています。正直危険ですので、早めに新しいバインディングに交換した方がよいのですけどね。このように、バインディングがしっかりしたものでないと、まともに滑ることすらままならなくなりますので注意が必要です。


スノボーゴーグル

ゴーグルもノーブランド品より、ブランド品を選ぶようにした方がよいでしょう。経験談ばかりで申し訳ないのですが、私が数年前購入したメガネをした間も装着可能なゴーグルを購入したのですが、一枚レンズだったこともあり、曇り&凍結で視界がすぐに悪くなっていました。そこでブランド品のゴーグルを購入し、ゲレンデでつけてみたところどんなに吹雪こうが曇ることなく滑ることができました。スノボーは視界が開けていないと十分に楽しむことができません。ゴーグルはできるだけブランド品が良いと思います。


スノボーブランドの種類

代表的なスノボーブランドを3点紹介しましょう。さらに詳細を知りたい方は別ページにて解説していますので、そちらもあわせてごらんになってみくださいね。

バートン(BURTON)ブランド

スノボーブランドの一流トップブランドであるのが「バートン(BURTON)」です。ただ有名であるわけではなく、スノボー用品それぞれの完成度が非常に高く、初級者から上級者まで幅広くカバーしています。個人的に所有しているバートンブランドはスノボーウェアのボトム(下ズボン)ですが、10年近く愛用しているのにもかかわらず、未だに現役で活躍中です。さすがに耐水性は落ちていますので、シーズンに入るちょっと前に防水スプレーを利用して防水仕様にするのですが、この処置だけでシーズンいけるところに、バートン品質の高さを伺わせています。


シムス(SIMS)ブランド

シムス(SIMS)ブランドもバートンと同じように一流トップブランドです。以前、シムスのスノボー板を3年ほど使っていました。大変グラフィカルなデッキとソールだったこととシグネチャーモデルであったことなど、懐かしい思い出です。フレックスが堅く扱いづらかったのですが、高速スピード時は大変安定していたので、カービングの練習を中心仁行っていましたね。


キスマーク(kissmark)ブランド

スノボーのレディース界を代表する国産ブランド「kissmark(キスマーク)」は、多くの女性に支持を集めています。また、トリノオリンピックで一躍有名になった成田童夢さんはキスマークと契約しています。豊富な品ぞろいと国産という安心感、テレビCM効果でファンを徐々に集めていったブランドといえるでしょう。


スノボーブランド
BOOKMARK