猿でもできるスノボー

バートン

スノボーにはさまざまなブランドがありますが、その中でもバツグンの知名度を持っているバートン(BURTON)を紹介しましょう。スノボーをかじったことのある方でしたらおそらく知らない人はいないほどのブランド(メーカー)ですが、その人気に比例して高価でもあり、なかなか手を出すことが難しかったりもします。そこで実際バートンは皆が言うほど良いものであるのかどうかなどを含めて探ってみたいと思います。

バートン(BURTON)について

バートンは今から約30年前(1977年)にアメリカで誕生したスノボーブランドです。現在のスノボースタイルが1970年初めにアメリカで誕生したので、ほとんど同時期に誕生したといっても過言ではないでしょう。スノボーの歴史そのものが意外と浅いように感じるかと思いますが、ここまで発展したのはバートンブランドが盛り上げてきたのも一つあるかと思います。バートンはスノボーとともに成長してきたブランドであるといえるでしょう。

信頼感の強いブランド「バートン(BURTON)」

私自身、バートンの板やビンディングを今まで所有したことがありませんが、スノボー用品を次購入するとするなら、バートンが第一候補に挙がっています。人それぞれに価値観があり「バートンは初心者向け」「スノボーをよく知らない人ほどバートンでそろえたがる」など言われる方もおります。確かに、頭の先からツメの先まで「バートン尽くし」ですと興醒めてしまう感がありますが、先ほども言ったとおり、バートンはスノボーの歴史そのものを歩んできたメーカーです。それに裏付けるものは『信頼』です。

バートン(BURTON)は全てのプレイヤー向き

少なくとも、私の周囲では中級者以上の方でバートンの板とビンディング、ブーツを所持している方が沢山います。(滑りを含めて)扱いやすそうにしているのを見ると、やはり、羨ましくなります。また、初心者に向いていると言うことは、それだけ扱いやすいということもあります。また、バートンの公式ホームページを見てみるとわかるかと思いますが、スノボー板だけでも数十種類もあり、滑りのスタイル、技術などにあわせて選ぶことができます。したがって、バートンは初心者から上級者まで幅広くスノーボーダーをカバーしていると思います。

他ブランドとバートン(BURTON)

ブランドはなにもバートンだけではありません。他にも沢山のブランドがあります。他ブランドと比較した場合、バートンの欠点を挙げるとしたら、デザインが地味傾向にあると言うところです。実はこれが結構ネックになっています。スノボーをある程度かじっている方でしたら、自分の滑りに適したものが自然と身についているはずです。バートンも万能ではなく、こうした欠点があり、他のブランドがつけいる隙がきちんとあるのです。ただ、『比較』を考えるのが面倒くさいと感じる方は、バートンを選ぶ傾向にあるらしいです。おそらくこの傾向が「初心者っぽい」というレッテル貼りに拍車をかけているのかと個人的に思ったりしています。スノボーを初めて行う方で、そこそこ予算があるのでしたら、やはり良いスノボー用品で揃えたくなるのが人の心理ではないでしょうか。

バートン(BURTON)のスノボー用品の特徴

バートンを代表するスノボー用品であるスノボー板、スノボーブーツ、スノボーバインディング、スノボーウェアについて、それぞれ紹介しましょう。

バートン(BURTON)のスノボー板

バートンスノボー板にはいくつかのシリーズがありますが、なかでも有名なモデルが「カスタム」シリーズです。個人的にも一番好きなシリーズですが、癖のない誰でも扱うことのできる板性能と大変シンプルなデザインが特長です。ほかに、グラフィカルなデザインを有したシリーズやシグネチャーモデル(プロライダーモデル)など多数あります。

バートン(BURTON)のスノボーブーツ

バートンのスノボーブーツは低価格帯でも、しっかりした作りのものが多く、コストパフォーマンスに優れています。スノボー初心者でも安心して楽しむことのできる適度の柔らかさと軽さを持っているため、練習には最適だと思います。中級者以上の方対象としたモデルは、インナーのできが素晴らしく、初めて履いたとも思えないフィット感があります。さらに、履き慣れていくにつれて、レスポンスは高くなり、スキル上達の近道となること間違いなしです。

バートン(BURTON)のスノボービンディング

バートンのビンディングは一昨年あたりから誕生したフロントベルトの改良が目を引きます。一見扱いづらそうに見えますが、慣れてしまうと大変取り付けやすく、さらに、靴紐を傷めない、足を加圧しないという恩恵が得られます。私の知人が実際に使用しているのですが、最初はぎこちなく取り付けていて「失敗した」と言っていましたが、徐々に慣れてくると不満は一切吐かなくなりました。ただ、スノボーブーツのサイズに注意する必要があります。

バートン(BURTON)のスノボーウェア

現在、私はバートンのスノボーウェアを上下で使用しています。なにより作りがしっかりしているため、吹雪の中でも寒さを感じないという防寒性能に優れていることに驚きました。以前使用していたウェアは値段がそこそこしたものの、袖口の「ほつれ」があったりしましたが、まったくありません。確かにデザインは堅実、というか地味なのですが、性能面では全く問題なく満足しております。

BOOKMARK