猿でもできるスノボー

スノボーブーツ

スノボーを始めるとき必須と言えるアイテムにスノボーブーツ(靴)が挙げられます。スノボーブーツの大きな特徴といえば、スキー靴にはないあの柔らかさではないでしょうか。スキーヤーからすると、普段歩くように歩いているスノーボーダーが羨ましいみたいなのですが、スノーボーダーからすると、リフトの乗り降りをそのままスムーズに行うことのできるスキーヤーが羨ましかったりします。話しがちょっとそれましたが、こちらではスノボーブーツの選び方におけるポイントについてアドバイスしたいと思います。

スノボーブーツの種類

スノボーブーツにはいくつか種類があります。私たちがよく目にする「ソフトブーツ」、アルペンスタイルで使用する「ハードブーツ」、ステップイン方式のスノボーブーツなど大きく分けて3種類です。

スノボーブーツ「ソフトブーツ」

ソフトブーツはごく一般的なスノボーブーツです。足の着脱が容易であり、普段歩くときも苦になりません。フリースタイルでは、多くのスノーボーダーがソフトブーツを愛用しています。また各ブランド(メーカー)でも取り扱っている種類や数がもっとも多く、デザインも様々あります。

スノボーブーツ「ハードブーツ」

アルペンスタイルではソフトブーツは使用しません。スキーヤーが一般的に使用するハードブーツを使用します。ソフトブーツに比べ種類、数とも少ないという特徴があります。

スノボーブーツ「ステップイン方式ブーツ」

数年前に突如出現したステップイン方式のブーツはビンディングへの着脱が容易に行うことのできるタイプのスノボーブーツです。今までは、ビンディングの着脱に一回一回座って行っていましたが、このステップイン方式ブーツでは、立ったまま、まるでスキーを装着するように行うことができます。ただ便利なのですが、思ったほど普及しておらず、現在でもソフトブーツ人口が大部分を占めています。

スノボーブーツの選び方

スノボーブーツを選ぶとき見ておきたいポイントとして「履きやすさ」「重さ」「フィット感」「保温性・通気性」の4つを紹介します。普段履く靴を選ぶときのポイントと重なる部分がありますので、それほど難しいことはありません。しっかり覚えてショップに出かけてくださいね!

ブーツの選び方・1 「履きやすさ」

普段靴を選ぶときにデザインを重視しますが、履きやすさも重視しますよね。スノボーブーツにおいてはデザインよりも履きやすさをまず考えて選ぶようにしましょう。履きやすさとは「歩きやすさ」「紐の縛りやすさ」「脱ぎやすさ」を総合して考えるようにします。ショップではもちろん試着することが必須となります(両足)。できれば足がむくんでいる夕方以降のほうがよいでしょう。朝と夕方とでは約1センチも足のサイズが違ってきます。実際にゲレンデで装着することを考えて、しっかり履いて、紐を縛りましょう。このとき、縛り方に手こずったり時間がかかったりするのは慣れていないせいもありますが、直感的に扱いづらいと感じた場合は見送った方がよいでしょう。スノボーの準備で一番時間のかかるものがスノボーブーツの着脱です。少しでも時間短縮をはかりたいため、できるだけ自分のやりすいタイプを選びましょう。最近のスノボーブーツは短時間で着脱できるよう大変工夫されたものが多くなってきています。

スノボーブーツの履き方

スノボーブーツの履き方は1回履いてしまうとすぐに覚えてしまうほど簡単です。基本的に足とブーツをしっかりホールドさせる必要がありますが、少ない力でホールドできるようにスノボーブーツは工夫されています。足の踵がきちんとつくようにブーツの中にいれ、インナーに紐がある場合は、まずインナーからホールドしていきます。次に外側の紐をホールドします。インナーである程度ホールドすることで、外側が多少緩んでも滑りに影響を及ぼすことがありません。外側の紐が極端に長く余る場合は、一度ふくらはぎを回して、紐の長さを調節して縛るようにしましょう。長いまま放っておくとライディング時に邪魔になり転倒の原因となる場合があります。

ブーツの選び方・2 「重さ」

スノボーブーツを持ってみるとわかるかと思いますが、軽量タイプと重量タイプの2種類があります。軽量タイプの魅力はなんといっても扱いやすさにあると思います。歩きやすく、リフトに乗っているときも足の疲労を軽減することができます。ただ、軽量=素材に繋がりますので、防寒性能は劣ります。一方、重量タイプは足への負担が大きくなりますが、防寒性能に優れており、かつボードと雪面への接触をサポートする役割を担います。一般的に重量のあるスノボーブーツは中〜上級者向けとなります。軽くて柔らかいスノボーブーツが初心者向けと言えるでしょう。

ブーツの選び方・3 「フィット感」

スノボーブーツにはインナーと呼ばれる足をしっかりホールドする箇所があります。直接足を包み込む部分であり、スノボーブーツの善し悪しを決めるところと言えるでしょう。何度もブーツを履くことによりインナーはその人の足の形状やサイズを覚え、形をつくり上げます。これにより、大変精度の高いフィット感を得ることができるようになります。また着脱も楽になります。しかし、中にはよろしくないインナーもあり、復元力が低いことにより足とインナーの間に隙間を作ってしまうものもあります。しかし、これは試着時に判断することが難しく、ゲレンデで数回使用してみないことにはわからないことです。したがって、信頼できるブランドなどではこのようなことは無いと思いますが、無名ブランドの激安品の場合、このようなこともあり得ますので、ある程度覚悟して購入する必要があると思います。

ブーツの選び方・4 「保温性・通気性」

スノボーを楽しむために、寒さを感じてしまっては半減してしまいます。また、体がこわばり実力を思うように引き出すことができません。まして、足先は雪面に最も近い場所でもあります。そこで、スノボーブーツでは保温性の高いものが望まれます。また、熱気がこもらないよう、外に逃げることのできる通気性に優れたスノボーブーツが望まれます。保温性と通気性は相反するものですが、両者が上手に共存できるタイプのスノボーブーツが理想的です。残念ながら私はまだ出会ったことがありません……。

スノボーブーツに関するスノボー用品

スノボーブーツケース

スノボーブーツを持ち運びするときに大変便利なものが、スノボーブーツケースです。ケースには小物を入れるポケットなどがある収納に優れたタイプが良いでしょう。大きいタイプのスノボーケースにはブーツも一緒に収納できるタイプもありますので、荷物が増えて煩わしいと感じる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

スノボーブーツブランド

スノボーブーツで有名ブランドといえば、DCやバートン(BURTON)などが挙げられます。オンシーズンものは高価ですが、昨シーズンやその前のシーズンモデルになりますと大変安価であり、激安品も珍しくありません。

スノボーブーツの修理

スノボーブーツを1シーズンで履きつぶすことは珍しいことではありません。修理不能なほど大きく傷んだ場合は諦めた方が良いと思いますが、外側の紐を通す紐穴が破れたりするなどの細かい破損については自ら修理をしてみると経済的でしょう。強力接着剤、新しい紐穴になる紐、針、糸を用意し、破れた紐をハサミで上手に切り取り、接着剤で貼り付けた後、糸で縫いつけます。ただし、強度に関しては以前に比べ落ちていますので、メンテナンスが必要となります。

BOOKMARK