猿でもできるスノボー

スノボーウェア

スノボーはスポーツとして楽しむだけではなく、ファッションも楽しむことができます。毎年各ブランドから色とりどりのスノボーウェアが販売されますので、目移りが激しいのではないでしょうか。「去年買ったばかりなのに、また新しいのが欲しくなった……」なんてこともしばしばあります。スノボーウェアー選びはスノボー初心者にとってもっとも自由に選択できるものだと思います。予算の許される限り、自分好みの1点を探し、ぜひゲレンデデビューしてみてください。こちらでは、スノボーウェアを選ぶときのポイントについて紹介していきたいと思います。

ファッション性が高いスノボーウェア

ゲレンデに行きますと、さまざまなファッションで決めたスノーボーダーが華麗にゲレンデを滑走している姿を見ますと「格好いいな〜」「可愛いな〜」「上手そうだな〜」などの感想を持たれるかと思います。このようにスノボーウェアーは着こなしにより、ある程度「はったり」を見る者に与えることができます。スノボーウェアーはアイテム的に高いファッション性を秘めていますので、ファッションに自信のない方でも、決めることができますので安心ですよ。お気に入りのウェアを是非みつけてみてくださいね。

レディース・スノボーウェア

「女性はレディースのスノボーウェアでなくてはダメ?」「メンズの方が好みのデザインが多いのだけど……」という女性のスノーボーダーが中にはいらっしゃいます。一昔前では確かにレディースのスノボーウェアーの種類はメンズに比べ少なかったこともありますが、現在は、同等以上の種類があります。やはりレディースのスノボーウェアはサイズやフォルム・スタイルが女性用にあわせて作られていますので、女性はレディースウェアが望ましいのですが、メンズのSサイズ以下のウェアでしたら、サイズ的にちょっと大きめな感じで着用可能です。全体的にゆったりしたフォルムとなりますね。個人的な好みとしてはスノーボーダーは、だぼっとした感じがいかにもぽいですので、女性がレディースではなく、メンズウェアを着用することに無問題だったりします。ただ、あまりにもサイズの違うものを来てしまうと転倒の原因になりますので、試着は必ず行うようにしましょう。

つなぎのスノボーウェア

最近は「つなぎ」のスノボーウェアをショップでよく見かけるようになりました。流行なのでしょうか。たしかにゲレンデでもちらほら「つなぎ」のスノボーウェアを着用してる方々もおります。ただ私の素朴な疑問として、トイレが大変ではないのでしょうか。とくに女性は大変な気もします。上と下に別れていた方がトイレはしやすいと思いますが、背中やお腹に雪が入ってくるのを完全に防ぐのが「つなぎ」だったりします。お互いに一長一短があるということでしょうか。

スノボーウェアの選び方

スノボーウェアを選ぶときにぜひチェックして欲しい「着やすさ」「大きさ」「防水・耐水性」「通気性」「便利な機能」の5つについて紹介します。これらのポイントはスノボーウェアを選ぶ上で外せない要素ですのでしっかりチェックしておきましょう!

スノボーウェアの選び方・1 「着やすさ」

スノボーを楽しむ上で、ウェアによって動きに制限をかけられてしまうと、全力で滑ることができず、つまらない思いをしてしまいます。いくらファッション性が高く、大変お気に入りでも、自分の実力に妨げになるスノボーウェアでは元も子もありません。したがって、スノボーウェアを購入するときにショップで試着を行うと思いますが、似合うかどうかといったファッション性だけではなく、両手を上や横に伸ばしてみたり、屈伸運動をしたり、足を大きく広げてみたり、など実際にスノボーを滑る上で行う運動をその場で確かめてみましょう。サイズに関しても足の丈、袖の長さを念入りにチェックです。足の丈が長すぎると歩くときや滑走時に引きずってしまう原因となります。袖が長すぎるとグローブを履くときに邪魔になります。スノボーウェアを選ぶときは、デザイン面だけに注目するのではなく、このような機能面についてもしっかり考えて選びましょう。

スノボーウェアの選び方・2 「大きさ」

「スノボーウェアの選び方・1」でも少し触れましたが、「大きさ」についてこちらではもう少し詳しく紹介したいと思います。スノボーファッションの流行として、「だぼっとした感じ」が主流です。ルーズ感を与えるこのスタイルですが、自分のサイズより2サイズ3サイズ上のウェアを選んで着用している方もいます。たしかに、だぼっとした感じは、第3者の目からすると、上級者のように映ることがしばしばあります。「こいつできるな……」感を醸し出しています。しかし、サイズが明らかに違うスノボーウェアは、よほど腕に自信のある方でなくては、動きづらく、思うように滑ることができません。また、足の裾は引きずりっぱなしですので、エッジにからまりズタボロになっています。スノボー初心者がこのようなスタイルでデビューするのはあまり好ましいことではありません。初めは自分のサイズに適したスノボーウェアを選択し、腕を磨くことに専念することをオススメします。

スノボーウェアの選び方・3 「防水・耐水性」

スノボーウェアが一般アウターと異なる点は、高度な防水・耐水性を秘めているところです。ウェアについているタグなどにGORE-TEX(ゴアテックス)と書かれているものがありますが、これは防水性能が高く、かつ通気性に大変優れている素材であることを表しています。したがって、ゴアテックス素材のスノボーウェアは高機能であるという証になります。ただ、一般的に高価ですので、スノボーをはじめて行う方が予算をオーバーしてまで購入する必要性は無いかと思います。防水性能は最低3,000mm以上あれば、4時間程度の滑走なら十分です。しかし最近は暖冬になりつつありますので、ウェアに付着した雪が溶けやすく、ウェアに浸透しやすくなりますので、できれば5,000mm以上は欲しいところでしょうか。

ウェアの選び方4 「通気性」

スノボーは見た目以上にハードなスポーツです。ゲレンデがある程度暖かいと、途端に汗を掻いてしまいます。ウェア内にこもった熱を逃がすためにはウェアの通気性能がよくなくてはいけません。体の熱気を上手に外へ逃がさないと、それが結局、疲労蓄積の原因にもなります。スノボーウェアは外からの冷気を妨げ、中からの熱気を上手に逃がすという性能が求められます。そして、その性能が優れているスノボーウェアほど高価になります。海外のヘリコプターで登頂するようなスポットを滑走するのでしたら、大変高性能なスノボーウェアが必要になりますが、日本のゲレンデでは過酷な条件となるところがありませんので、上記で述べた防水・耐水性能をクリアしているのでしたら、通気性もほどほどに優れているスノボーウェアだと思っていただいて構いません。

スノボーウェアの選び方5 「便利な機能」

スノボーウェアの便利な機能で一番チェックしていただきたいところが、「収納力」です。スノボーアイテムを収納するさまざまなポケットがあると、ゲレンデで大変役立ちます。この場合、ものを入れても邪魔にならないような箇所にポケットがあるか確認してくださいね。また、内ポケットが多すぎるのも実は困りものです。ゲレンデではチャックを降ろしたりするのが大変面倒ですからね。できれば外側にさまざまなポケットがついているとよいです。ポケットには大型のファスナーあるいは折り返しのマジックテープがついていることが必須です。激しい動きをしても中に入っているものが落ちないようになっているか確認しましょう。あと、リフト券を収納するポケットがあるかどうかもチェックです。ウェアと一体化していると大変便利です。

スノボーウェアのフードについて

スノボーウェアにはだいたい帽子となるフードがついているのですが、デザインとして毛のついたものをしばしば見かけます。たしかにファッション的に大変可愛いのですが、雪が降っているときに毛に雪が付着してしまい、それが凍って、顔とかに当たると煩わしいことになります。したがって、できるだけフードに毛の着いたものは避けた方がよいと思います。また、フードはウェアを選ぶときのポイントとして大変重要です。吹雪いたときに、フードがしっかりしているものとそうでないものとでは、体感温度が雲泥の差です。したがって、スノボーウェアを選ぶときは、フードのフィット感、扱いやすさ、顔の覆い被さりの大きさ(大きいほど正面からの吹雪に耐えることができます)などをきちんと確認しましょう。ちなみに収納タイプのフードはあまりオススメできません。いざ使用したいときにしまっていると使うことができませんからね。

スノボーウェアを安く購入!

今年は2007年ですので2007年スノボーウェアモデルはシーズン真っ只中であるため、まだまだブランド品はセールを行っていません。スノボーウェアを激安で手に入れたいと考えている方のためにちょっと情報提供です。旧モデルが狙い目です。たとえばバートン(BURTON)ブランドの2006年モデルとなりますと、半額以下の値段という激安価格で購入できるところもあります。とくに通販ではバートンやボルコムなどのブランド品(旧モデルや中古になりますが)が激安で手に入るチャンスがあります!

BOOKMARK