猿でもできるスノボー

スノボーの滑り方

スノボーを初めて滑る方にとっては、まるで未知の世界に迷い込んだことの如く思うとおりにボードの操作ができないので「スノボーなんてやめてやるっ!」なんてことも少なくありません。たしかにスノーボードは最初全然滑ることが出来ず思うようにいかないことが多々あります。ちょっと進んではすぐ転倒ということもしばしばあるでしょう。しかし、上達のポイントはこの「転倒」にあるともいえます。こちらではこのことも含めて、「前方に進む」「左右に曲がる」「減速・止まる」の基本動作に加え、上手い転倒方法などを中心に紹介していきましょう!

初心者のためのスノボーレッスン・その1「前方に進む」

「前に進む」ということには2つの方法があります。一つは下り坂を利用して前に進むということ、もう一つは平坦もしくは上り坂を、後ろの片足を利用して前に進むというものです。これはスノボーの専門用語で「スケーティング」と呼びます。スノボーで滑る上でぜひマスターしておきたい技ですので、こちらでしっかり身に付けておきましょう!

スケーティングの方法・滑り方

スケーティングの方法はとてもシンプルです。普段自分が滑っている進行方向に対し、後ろ足となる方のビンディングを外しておきます。そして自由となった片足を利用して雪面を蹴って前方へ進みます。蹴るエリアは左右どちらでも構いません。おそらく最初に蹴ったエリアが適していると思います。ただこれだけでよいのですが、スノボー初心者にとってはこれが大変難しいです。まだ進行方向に対する安定性が定まっていないため、後ろ足で蹴ると意図しない方向へ進んでいってしまうことがあります。広いところでかつ人がいないところではそれでもよいのですが、混雑していると相手の板に接触したりするなど、迷惑をかけてしまいます。そこで、初心者でも上手くスケーティングができるコツを伝授しましょう。

スケーティングのコツ

スケーティングをするときは、板から離れたところを蹴るのではなく、板に近い所を蹴るように心がけましょう。板から遠い場所を蹴ると、どうしてもベクトル(力の方向)が散ってしまい安定していない初心者ではあさっての方向に行ってしまいます。しかし、板に近いところですと、ベクトル(力の方向)が散らばらないので比較的安定したスケーティングを行うことが出来ます。また視線は前方です。足元ばかり見ていてはきちんと前に進みません。ポイント「前方をみること」「蹴るときは板に近いところ」です。

ライディング・下り坂の直進方法・滑り方

下り坂を直進する際は、きちんと減速・止まり方、そして上手な転倒方法を覚えてから行うようにしましょう。初心者にとってはこれがもっともケガの原因となります。 簡単そうで実は結構難しい直進についてお話ししましょう。最初は、本当にゆるやかで、距離のないところで始めましょう。滑るときのポイントはきちんと前方を向くことです。また、膝をしっかり曲げ、加重は後ろに行かないように注意します。できるだけ斜面に対して垂直に加重が加わるように意識しましょう。スピードが上がるにつれてこの加重は後ろに行きやすいので、膝を利用し重心を下げて、後ろ加重にならないように気をつけましょう。このように直進の練習はライディングの姿勢作りに大きく役立ちます。スピードがつきすぎて怖くなりましたらすぐに減速するか停止してくださいね。また、どちらも出来ない場合は、転倒で止まるようにしましょう。

初心者のためのスノボーレッスン・その2「左右に曲がる」

まっすぐ進むだけでは物足りないですよね。次に左右のどちらかに曲がるためのステップについてお話ししていきましょう。最終的には加重運動でエッジを立てて曲がりたいところですが、そこまでいくためにそれなりの練習量が必要です。こちらでは初歩となる板を横にずらして曲がる方法について紹介しましょう。

スノボーで木の葉のように降りてくる滑り方

スノボー経験者の殆どが体験する通称「木の葉(このは)」を紹介しましょう。木から葉っぱが落ちてくるような左右に振れる動きを、そのままスノボーで再現することです。滑り方は簡単で、下り坂を下りるとき、左右どちらか斜めに降りていきます。ある程度進んだら減速し、次に反対側へ斜めに進みます。このとき、進行方向の板の先を下に徐々にずらすことで自然と進んできた方向と反対の方へ進んでいきます。最初はとまどうかもしれませんが、慣れると楽しくなりますよ。下からみるとまるで、木の葉が降りてくるように見えますので、こう呼ばれております。この滑り方で練習すると「板をずらす」という作業を体で覚えることになりますので、左右に曲がるコツをつかむことが出来ます。木の葉をマスターしたら次のステップに進みます。

左右のターンの滑り方

木の葉ではお世辞でもターンとはいえませんよね。そこで木の葉でコツを覚えたらターンに挑戦してみましょう。ある程度スピードを載せる必要がありますので、十分広いところで練習するようにしてくださいね。早速ですが「ドリフト」をご存じでしょうか? 後ろ側を滑らせて曲がる車のテクニックですが、これをスノボーでそのまま再現してみます。要領は木の葉で板を滑らすことを、速く行うということです。そのためには加重を斜面に対してフラット(垂直と言うこと)にし、前方をきちんとみることが必要です。また、後ろ足を滑らすためには、足だけではなく体全体を利用しなくてはいけません。したがって、連続ターンをいきなりやるのではなく、まっすぐ進んでどちらかに板をすべらせて曲がり停止する、という練習を何度も繰り返し行いましょう。これができるようになりますと、曲がりながらの減速ができるようになりますので、ある程度の急斜面でも対応することが出来るようになります。

初心者のためのスノボーレッスン・その3「減速・止まる」

スノボーでスピードを制御することは、ケガ防止はもちろんのこと、上達への近道にもなります。直進やターンの練習には必ずこの「減速・止まる」という技術をきちんと身に付けてから行うようにしましょう。

スノボーで減速しながらの滑り方について

減速の方法は板を斜面に対して少しでも角度をつけてあげることです。角度をつけるとソールの両サイドについているエッジが効き、ブレーキがかかります。エッジを効かすことでさまざまなトリックが可能となりますが、逆にこのエッジが深く入ってしまい、急ブレーキとなり、意図しない転倒を起こすことがあります。むちうちなどの原因にもなりますので、減速する際は必ず山側に加重がかかるように心がけましょう。谷側にかかってしまった場合は覚悟しておいてください……。 ※山側とは自分から見て上の方であり、谷側とは斜面の下側となります。

スノボーの止まり方

無理して止まらずともいずれ止まる……という冗談はなしにして、スピードをつけて雪しぶきを舞い散らせながら、止まるのは憧れの一つですよね。このように止まるにはある程度の練習が必要ですが、普通に止まるということでしたら、減速の延長線で止まることが簡単にできます。おそらく、スノボー初心者で最初にマスターする技かもしれません。要領は、斜面に対して角度をつけたらつま先をたたせる、もしくは踵を視点としてつま先をあげることでエッジが斜面に深く入り止まることが出来ます。進んでは止まる、進んでは止まるを繰り返して練習してみたくださいね。

初心者のためのスノボーレッスン・その4「上手に転倒する」

転倒……イヤですよね。でもこの転倒を初心者のうちにマスターしておくと、のちのちトリックなどで失敗したときなどの転倒時に大きなケガを回避できる役割となりますので、初心者のうちにたくさん転んでおいて転倒のコツを覚えておいた方が得策です。といいましてもやはり痛いですよね。そこで上手な転倒方法についていくつか紹介していきましょう。

転倒の基本その1「お尻から転倒」

たとえば、スピードがつきすぎて止まることも減速することができずに困っているときは、そのまま膝を曲げてお尻から転んじゃいましょう。すると簡単に止まることが出来るばかりか、痛みもあまり感じずに止まることが出来ます。このお尻から転ぶ練習を何度も繰り返して転倒の恐怖心を払拭することをオススメいたします。

転倒の基本その2「体の側面を使って転倒」

これは私がよく利用する転倒なのですが、ターンをしている途中不安定になったとき、無理に態勢を立て直すより、そのまま転倒した方が良い場合が多いです。これは、体のどちらかの側面で転ぶことで雪面と接触する「面」を広くもたせ、結果、痛みを分散することが出来るという原理となります。態勢を立て直すときにも楽ですよ。

万が一エッジが引っかかったときの転倒

スノボーでは、この不意のエッジの引っかかりにより派手に転び、ケガをするケースが多くあります。また、初心者にも多いケースであり、スノボーが怖くなる引き金でもあります。残念ながらエッジが引っかかって転倒する完全な回避方法はありません……。しかし、エッジがかかりそうな予感はある程度慣れてくるとわかってきます。その場合は、無理して体勢を立て直さず、上記に記した「お尻から転倒」や「体の側面で転倒」を利用して、先に転んでおくようにしましょう!

スノボーの滑り方
BOOKMARK