猿でもできるスノボー

ゴンドラ

ちょっと大きなゲレンデになると、リフトの他にゴンドラも設置しています。リフトは主に短〜中距離の移動にありますが、ゴンドラは性質上長距離の移動に利用されます。こちらでは、ゴンドラの乗り方やゴンドラ内におけるマナーや振る舞いについて紹介しましょう!

ゴンドラ券の購入

ゴンドラを利用するためにはゴンドラ券が必要となります。一般的にはリフトと共通して利用できますが、ゲレンデによっては「リフトのみ」「ゴンドラのみ」といった券もありますので注意しましょう。共通券として発売しているタイプはリフト券同様、午前から午後まで通しで利用できる「1日券」(※ただナイターは別料金としているゲレンデもあります)、午前中のみ利用できる「午前券」、午後のみ利用できる「午後券」、ナイター専用の「ナイター券」などとなります。

ゴンドラ券の種類

ゴンドラ券はリフト券と共通して利用できるのが一般的ですので、リフト券同様、紙質タイプとICチップタイプの2種類があります。紙質タイプは使用後、捨てることも可能ですが、記念として保管しておく方も結構多いですね。ICチップタイプは、保証金を仮払いしますので、持って帰ってもよいのですが、保証金が戻ってこないので損してしまいます。ニセコでは保証金1,000円で設定しています。ゲレンデにより保証金は違ってきますが、お釣りの出ない1,000円あたりが多いのではないでしょうか。

初心者のゴンドラ券購入術

ゴンドラ券はリフト券と共通していることが多いのですが、ゴンドラは長距離コースとなるため、スノボー初心者にとっては、ゴンドラで2〜3回まわして1日が終わることもあります。そのため高価な共通券を購入するより、ゴンドラの1回だけ乗ることの出来る回数券を販売しているゲレンデもあります。スノボー初心者は長距離を滑り終えるまで時間がかかると思いますので、回数券を上手に利用すると経済的です。ただ、リフトを使う他のコースを滑ることが出来ないデメリットがあります……。

ゴンドラの種類

ゴンドラには種類という種類はありませんが、スピードの速いタイプと遅いタイプがあります。スピードが速いタイプは、その分、移動する距離が長いということになります。たとえば雪山と雪山を結ぶ連絡用などです。ゴンドラの面白いところは、発車するときと到着したときのスピードが大変はやいところです。これが恐怖に感じるかスリルに感じるかは感性の違いによりますが、私はこれが面白くてやみつきになったりしています。

ゴンドラの乗り方・降り方

ゴンドラの乗り方はリフトに比べると簡単です。目的のゴンドラ乗り口に移動し、係員の指示に従い乗車していきます。だいたいは6人乗りとなります。混雑している場合は、相席になりますので、一緒になった方の迷惑なるような行動は慎むようにしましょう。さて基本的なゴンドラの乗り方について紹介していきます。

1. ゴンドラに乗るときは、きちんと列に並ぶようにします。割り込んだりするのはマナー違反です。

2. スノボーの場合は、ゴンドラ内に板を持ち込むことになります。そこで、ゴンドラ内が傷つかないよう、カバーを渡されます(用意されている)ので、装着するようにしてください。回数券でゴンドラに乗る場合は、乗車の際に係員に渡します。

3. 順番が来たら、あらかじめ係員に乗車人数を指定されます。その指示に従い、素早く乗車するようにしましょう。相席になった場合は、相手に不快感を与えないようにゴンドラ内で振る舞います。

4. 長距離の移動ですので、時間は15〜20分程度の乗車となります。

5. 到着したら、素早く降りるようにしましょう。降りたら、板に装着したカバーを取り外し、所定の場所に戻しましょう。

6. このような手順でOKです。スノボー初心者はリフトより、ゴンドラの方が楽に乗り降りできますので、ゴンドラのあるゲレンデに行きましたら、積極的に利用するのもよいでしょう。ただ、リフトに慣れておく必要もありますので、ゴンドラばかり利用するのは控えておいた方がよいかもしれません。

ゴンドラ内でのマナーや振る舞い

仲間やグループ内だけでゴンドラに乗り合わせたのでしたら問題ないのですが、相席などで他者と一緒になった場合は、相手に迷惑がかからないようにするのがマナーであり、正しい振る舞いとなります。そこで相手の迷惑になる行為についてこちらで紹介していきましょう。

大声で話す/笑う

相手はあなたの話しを聞きたいとも思っていません。また、異様に大きな笑い声は騒音の何ものでもありませんので気をつけましょう。

板の置き場所が邪魔になる

スキーの場合はゴンドラの外にホルダーがあるので、手ぶらでゴンドラに乗ることが出来るのですが、スノボーの場合は中に持ち込まなくてはいけません。決して広くないゴンドラ内をさらに狭くする要因となります。そのため相手の邪魔にならないよう置き場所をしっかり考えましょう。隅などに置いておくとよいです。

窓の開閉

ゴンドラには窓がついており、空気の入れ換えとして開閉することが出来ます。相手の伺いを立てずに、勝手に開けるのはマナー違反です。外は大変寒いです。そのため、どうしても窓を開けたい場合は、相手にきちんと確認してからにしましょう。

BOOKMARK