Sims

シムス

バートン(BURTON)、モス(MOSS)、ウィンタースティック(WINTER STICK)といったスノボーが誕生してからともに歩んできたブランドから少し遅れて誕生したブランドがシムススノーボード(SIMS SNOWBOARD)です。今ではすっかりスノボーの老舗ブランドとして定着していますが、発表当時はスノボーブランドが今に比べて少ないために大変話題になりました。そこで、日本でも人気の高いシムス(SIMS)について紹介したいと思います。

シムス(SIMS)について

私がシムスを知ったのはスノボーをはじめて2年目くらいだったかと思います。プロボーダーのビデオを見ていたとき、ひときわ異才を放った滑りとエアーをするライダーに目がとまりました。後に彼が、ショーン・パーマーであることを知るのですが、そのときはまだわかりませんでした。そして、彼が乗り回していたボードが彼をモデルとしたシムスのシグネチャーモデルでした。たいへんグラフィカルなソールに憧れ、シムスというブランドをどうにか手に入れることができないかなど友人と一緒に頑張ったことを思い出します。

シムス=ショーン・パーマー

当時のことがキッカケで今でも私は、シムスと聞くとショーン・パーマーモデルを連想してしまいます。それだけセンセーショナルであったということでしょうか。現在では、派手にペイントされたボードは珍しくありませんが、当時にしては大変画期的なものでした。デザインといったら幾何学的な模様をデッキに散りばめ、ソールにはブランドロゴが描かれるのが主流だった中での、派手なペイントデザインです。誰もが目を引くのも必然といえたでしょう。

最近シムス(SIMS)を見なくなったが……

確かに最近はショップに足を運んでもシムスブランドを販売しているところを見かけませんね。噂では今までシムスを扱っていた代理店が撤退したことにより、日本では以前のようにショップで見る機会も減ってしまったとありますが……。一時代を築いたブランドが廃れていくのは少し寂しい感じもしますね。

シムス(SIMS)のスノボー用品持っているけど……

最近ゲレンデでもめっきり見なくなったシムスですが、シムスのスノボー用品を持っているのだけれども時代遅れで恥ずかしいかも……、と思っている方もなかにはいるかと思います。ゲレンデに出てしまえば、誰も気にしていないと感じるのですが、個人的には恥ずかしい事なんて無いと思います。シムスを知っている方はどこか懐かしさを感じたりしますし、知らない方はそういうブランドもあるんだ程度にしか感じないかと思うのですが、どうなのでしょうか。

シムス(SIMS)のスノボー用品の特徴

ショップではなかなか見る機会がありませんが、インターネットによる通販では取り扱っているところが多数あります。もちろん2007年モデルもきちんと用意されていますので、「シムスが欲しかったけど、近くのショップにはなくて……」と困っている方がいましたら、インターネットで検索してみてください。

シムス(SIMS)のスノボー板

2007年シムスのスノボー板は「GANGSTA」「JELLY」「SHIP」「THE CLASH」「THE VICE」というラインナップが用意されています。これといって特に目立つようなデザインではありませんが、どこかシムスらしい「はずした」感じのデザインは健在ではないかと個人的に感じます。

シムス(SIMS)のスノボーブーツ

シムスは海外ブランドですが、スノボーブーツは日本人が履いても違和感ない作りとなっています。フロントにあるダイヤルを回転させることで、簡単に締め付けを行うことのできるシステムを搭載したモデルもあります。

シムズのスノーボード: 1976 年以来、最高のものだけ

 

スノーボードファンは、最も信頼されているスノーボードブランドの 1 つである シムズ スノーボードを備えています。 1976 年にトム シムズ によって作成されて、 スノーボード のブランドは簡単な木工業のクラスの控え目な初めを有した。

私たちのスノーボード

トムシムズ が彼の第 7 等級の木工業のクラスで最初の スノーボード を造ったときに、彼は雪とサーフィンおよびスケートボードを混ぜる無限の可能性を心に留めていた。 現在、 シムズ スノーボードは、革新的な技術と前向きな思考を通じて、スポーツから最高のものを引き出し続けています。

 

以下に、ベストセラーボードとその詳細を示します。

 

  1. ソロ

ソロスノーボードは、パウボードにぴったりの形状をしています。 滑りやすく、バランスが良く、コントロール性に優れています。 ソロは 100% ライトポプラ材で造られ、あらゆる種類の条件で働き、提供する。

 

Liten グラスファイバーでコーティングされているため、スムーズで柔軟な乗り心地が得られます。スノーボード は、摩耗に強く、最高速度を実現する高密度ベース素材を採用しています。

  1. 消失

フリースタイルのライダーに最適なボードです。 このワギッシュは、セットバックのスタンスとテーパー形状で作られている。 従来のキャンバとワイドロングノーズを装備し、正確なコントロールを実現しています。

 

ギンザは、先端から尾までのライトポプラコアと、エッジに標準ポプラを装備し、コントロール性と安定性を高めています。 Tri-Tex というブランドの最も高度なマトリックスでラミネート加工されています。 どのように運転しても、最高のパフォーマンスを得ることができます。

  1. ナブ

すべてのライダーに楽しさとパワーをもたらすオールインワンボード。 従来のキャンバとロングノーズツイン形状が、あらゆる地形や山に究極のスピードをもたらします。 ナブは安定した木製の芯を持つ、安定した先端で作られている。

 

ナブの木製コアは、ライトポプラとスタンダードポプラの薄い帯で作られたユニティブなミッドコアをエッジに備えています。

  1. STF

STF は、柔軟性と軽量エンジニアリングを実現するためのク ソロ を持つフリースタイルライダー向けです。 北海道のヒューズ正が開発した STF は、あらゆる環境で成果とスピードを発揮することを目的としています。

 

STF は、ロングノーズツイン形状の伝統的なキャンバと、ユニークなポップコアを特徴としています。 軽量でパワフルな I カーボンレイアップを採用。 柔軟性の高い薄型チップは、チップとテールの素材を削減して軽量化、高速化、高速化を実現し、軽量化を実現します。

 

  1. アンダーレイカー

アンダーレイカーは、スケートボードのような乗り物の象徴的な形と柔軟なサイドウォールで 90 年代に戻ります。 先進技術を採用した Modi M キャンバは、フラットロッカーセクションとダブルキャンバ設計を採用しています。

 

アンダーレイカーは、ライトポプラから先端から尾までのユニティブポップコアと、端に沿ってスタンダードポプラを使用して製造されています。 V 字型の炭素層は、ボードのマトリックスとして設計されており、通過電力を最大限に高めます。