Slip

スノボーの滑り方

スノボーを初めて滑る方にとっては、まるで未知の世界に迷い込んだことの如く思うとおりにボードの操作ができないので「スノボーなんてやめてやるっ!」なんてことも少なくありません。たしかにスノーボードは最初全然滑ることが出来ず思うようにいかないことが多々あります。ちょっと進んではすぐ転倒ということもしばしばあるでしょう。しかし、上達のポイントはこの「転倒」にあるともいえます。こちらではこのことも含めて、「前方に進む」「左右に曲がる」「減速・止まる」の基本動作に加え、上手い転倒方法などを中心に紹介していきましょう!

初心者が学ぶべきスノーボードのレッスン

 

スノーボードは冬を楽しむための外せないものです。ゲレンデの斜面を滑る爽快感は格別。

多くの人々はスノーボードを随時に楽しませてくれる趣味として考えており、季節が訪れるたびに喜びを与えてくれます。

 

まだ初めたことがない方は、是非トライして頂きたいです。スノーボードはとても魅力的で、思い出に残ります。スノーボードファンは事前に基本知識や技術を習得するまでサポートしたいと考えています。

 

もしあなたがこの素晴らしいスノーボードを本当に体験したい方であれば、本格的なスノーボードのレッスンを受ける前に、下記の留意点を参照してください。

 

レッスン受講前の留意点

初めてのスノーボードは、自分が思うようになかなかいかないかもしれません。そのため、滑る前に、失敗してしまうかもしれないことを念頭に置きましょう。すべては練習あるのみです!

 

前進と後退を繰り返しながら、少しずつスノーボードの4つの基礎動作を習得していきましょう。その4つの基礎動作とは、すなわち、“直進”“左右のターン”“減速/停止”そして“上手な転び方”です。

 

それでは、はじめましょう!

パート1: 前方に進む

まず、上達の手助けとして2通りの方法があります。ひとつは、前進するために斜面を利用すること、もうひとつは、前進するために後方の足を使って、平らな雪面や雪の丘を移動することです。この方法は“スケーティング”とも呼ばれています。

 

この方法を習得し、スノーボードのはじめの一歩を踏み出しましょう! 

 

スケーティング方法/滑る方法

 

この方法は簡単です。すべての初心者の方がしなければならないことは、通常滑る方向において、予め後方の足の留め具を外しておくことです。次に、雪を蹴って前進するために、自由に動かせる足を使わなければなりません。蹴る場所は左右どちらでも構いません。大抵、最初に蹴った場所は、進行方法に対してふさわしい場所になります。

 

これは少し簡単そうに聞こえますが、実際、初心者の方には少し難しいです。初心者の方はまだ自分自身を支えるための充分な安定感を持てていないからかもしれません。そのため、後方の足で蹴った際、結局思いもしない場所に進んでしまいます。込み合った場所での練習は、ほかの利用者の方のボードに衝突し事故の原因になるかもしれないため、人のいない広い場所で試すことが良いでしょう。

 

スケーティングの鍵

 

ボードから離れた場所を蹴るのではなく、近くの場所を蹴りましょう。もしボードから遠い場所を蹴った場合、不安定な体勢が原因で力が分散し、異なる方向へ投げ出されてしまうかもしれません。

 

ボードから近い場所を蹴ることによって、体勢は安定し、経験を活かして思うようなスケーティングができるでしょう。もし、より良く動きたい場合、足元ではなく前方を見据えて試してみてください。

直進滑降/まっすぐ下へ滑る

 

まっすぐに下って滑ることは、実際簡単ではないときに、簡単なように思えます。この方法を用いて、まずはとてもゆっくりと短い距離で滑り出さなくてはなりません。これは、滑走する際のポイントが、的確に前方を見るための能力を持たなければならないためです。

 

膝をしっかりと曲げて後退しないように注意し、また、ボードにかける体重が斜面に対して垂直になるように確認しなければなりません。これは、滑走速度が上がることから、ボードにかけた体重が減る傾向にあるためです。それにより、膝をしっかり使わなければならなくなるので、重心は低くなるでしょう。また、後方に体重をかけないように注意しましょう。

 

まっすぐに滑る練習をし、滑走する際の姿勢を作りましょう。もし滑走速度が速くなってしまった場合、直ちに止まるようにするか、少なくとも滑走速度を落とすようにしましょう。もしどちらとも失敗した場合は、そのまま体勢を崩してボードから降りましょう。

パート2:左右にカーブする

 

まっすぐに滑らずに経験値をあげましょう。斜面を左右に横断して滑ってみましょう。また、インストラクターの指示として、ボードを進みたい方向へ向けて“カーブ”してみましょう。少し練習が必要かもしれませんが、これもスノーボードを練習するための基本的なステップのひとつです。

 

木の葉のように滑る

 

これは“木の葉”に由来した滑走方法です。木の葉が木から落ちるときの動きを模倣することを意味します。つまり、ボードと一緒に自分自身が左右に動かなくてはなりません。この動きから転ぶことは簡単かもしれませんが、ふもとにたどり着く際には、最終的に左右のどちらか一方に停止する必要があります。

 

自分の滑る技術が向上したと感じたら、滑る速度を落とし、対角線上に滑り始めてみましょう。そのときまでには、斜面を下って滑っている方向へ、徐々にボードの先を変化させなければならないかもしれません。そして、先ほどとは反対方向へ滑りましょう。

 

これを聞く限り少し戸惑ってしまうかもしれませんが、練習こそがこの滑る技術を向上させてくれます。また、その他のレッスンに参加する前に、この木の葉の滑りを習得することを確認してください。

 

ターン前後の滑り

 

木の葉の滑りを習得した後、左右にターンすることを練習しましょう。この動きは車のドルフトに似ており、バックサイドをスライドさせてスライドします。これはスノボードでも同じです。

 

それで、木の葉の動きと一緒にどうやってボードを素早くスライドさせる方法を学ぶ必要があります。そのためには傾斜に対して、重量を水平、もしくは垂直にする必要があります。そうすることで、正面を向けるようになります。

 

これを行うためには、後ろ足をスライドさせます。足だけなく、体の全身を使用する必要があります。まっすぐ前に進む練習をしながら、ボードを片側にスライドさせて曲げるととまることができます。それに成功すれば、回りながら減速することも可能。これにより急な傾斜を降りるための準備が整います。

パート3: 減速と停止

どうやってまっすぐ進むか、左右にターンする方法を学んだ後は、減速して停止する方法を学習する必要があります。

 

速度を制御することで、怪我の防止対策だけでなく改善への近道にも役立ちます。

実際のスノーボード体験に進む前に、このテクニックをマスターできているかどうかを確認する必要があるでしょう。 

減速しながらスライドする方法


ボードの斜面をわずかに傾けることで、減速できるようになります。角度をつけたときにソールの両側のエッジが働き、ブレーキすることができます。エッジを使うことで、様々なトリックができるようになります。しかしながら、エッジが深くなりすぎると思わぬリスクを負うかもしれません。なぜならその動作が思わぬ落下の原因になる可能性もあり、少し危険だからです。

 

減速するときは必ず山側に体重を乗せ、谷側に降る場合は、十分な注意が必要です。

 

*注意事項: 山側は手前から見た上側で、谷側は下側です。 

ボードを止める

もし通常通りに止まりたければ、減速の延長線上で簡単に停止することができます。止まるためには、エッジを奥深くに傾けながら、爪先を傾けてください。またはかかとから足の指をあげることもできます。

これを完璧にできるようにするためには、練習し、練習し、そして練習してください。

パート4: 上手に滑る 

カッコ良いトリックとともにスタイリッシュに滑り落ちるときは怪我を避けましょう。

たくさん滑ることで、信頼します。それは毎回痛みを伴うかもしれません。ただし、ここでは痛みを軽減し、どういうわけか実際のものより、よく見えるようにする方法があります。

腰を落とす

もし早すぎたりして停止できない、もしくは減速できない場合は、膝を落として腰から転げ落ちるようにしてください。そうすることであまり痛みを感じずに止めることができます。このような転倒を繰り返しながら、転倒への恐れをなくしてください。

 

体の側面を使って転がる

 

ターン中に不安定となった場合、 無理に体制を変えずに転倒するようにしましょう。試しに体のいずれかを使って転がってみてください。これにより雪の面と接触し、痛みを和らげることができます。それとは別にこの方法はまた、より簡単に軌道を修正することができます。 

エッジを引っ掛けて転げ落ちる

 

この方法は怖いかもしれませんが、実際には初心者にとっては一般的なケースです。この状況に陥った場合は、前述で説明したようなテクニックを使用して、より早く転げ落ちるようにしてください。

 

スノーボードの準備はできていますか?スノーボードさんはあなたにピッタリの製品を提供しています。